19-20プレミアリーグ 30節Preview vsNEW | シェフィールドユナイテッド・ジャパン

19-20プレミアリーグ 30節Preview vsNEW

プレビュー

「ユナイテッド」対決。

前回の対戦では、ブラモール・レーンではいろんな意味で苦汁を嘗める結果となりました。さあ、リベンジのときです。

スポンサードサーチ

Head-to-head

・セントジェームズ・パークでの試合は2006年以来。そのときはブレーズが1-0で勝利している。

・マグパイズはは昇格組との直近6試合中、5試合がクリーンシート。

・スティーブ・ブルースは監督としてのブレーズ戦は11戦8勝。古巣だろ!笑

・前回の対戦でゴールを決めたシェルヴィーは10回のシュートで5得点を挙げており、チームトップのスコアラー。

・ブレーズは今シーズンのアウェイにおいて2失点以上を許していない。これはプレミアリーグで唯一のチーム。

・昇格組の開幕29試合で44ポイントは2009-10のバーミンガム以来の記録。

INTERVIEW

クリス・ワイルダー

“There’s a decision regarding Panos and Richairo.We’ll make those decisions over the next 24/48 hours in conjunction with the players.” 

“This is how it is. Tough, hard environment. No good moaning about it, accept it, move on quickly and affect it. With our past history I back us to do that.”

(以下、和訳)*誤訳可能性アリ。

「パノス(レトソス)とリハイロ(ジウコヴィッチ)に関して決定がある。選手とともに試合までにこれらの決定を行うだろう。」

「(プレミアリーグは)この通りタフでハードな環境だ。それ(ヴィラ戦の判定)についてうめいているのは良くない。受け入れ、素早く動き、影響を与えていく。」

FORMATION

予想フォーメーションはこちら。

MATCH PREVIEW

・BBCの予想は1-1。

・シェフィールド・ユナイテッドはオコネル、フレックに復帰の可能性あり。ヴィラ戦で負傷したマクゴールドリックもフィットネス次第でメンバーに名を連ねるとの情報あり。

・ニューカッスルのリッチー、ドワイト・ゲイルに負傷の疑いがあり。

・フレックはスタメンに戻り、オコネルはベンチスタートで予想。ヴィラ戦で69分まで出場したシャープに代わり、ジウコヴィッチのデビューを予想してみます。

・オコネルのフィット状態がわからないものの、ジャック・ロビンソンがいるので無理はさせないのではないかと推測。ヴィラ戦でのパフォーマンスもあり、期待が高まる。

・サン=マクシマンのように狭いスペースでも抜くことができるプレーヤーには警戒したいところ。好調ラニー・ボルドック・バシャムの右ユニットが徹底して潰しに行くことが予想される。

スポンサードサーチ

KEY PLAYER  

クリス・バシャム

ブレーズ6年目となる彼は苦しい時代からの功労者。昨節はグリーリッシュも抑え込み、中断明けも変わらず高いパフォーマンスを示した。長身を生かしたリーチのあるディフェンスは今季のプレミアリーグでも大きな武器となっており、今節はサン=マクシマンを防ぎ切る活躍に期待したい。

PICK UP PLAYER

リス・ムセ

ヴィラ戦では思うようなプレーができず、フラストレーションが溜まる結果となった。今節もスタートか途中からかはわからないが、出場することはほぼ間違いないはず。試合勘を取り戻すプレーに期待したい。

あとがき

・判定がちゃんとしていますよーに。

コメント