20-21プレミアリーグ vsアストンヴィラ戦 Preview | シェフィールドユナイテッド・ジャパン

20-21プレミアリーグ 2節Preview vsASV

プレビュー

開幕戦は前半早々に2失点を喫し、敗北したものの、

パフォーマンスは十分なものを見せてくれたブレーズ。

ラムズデールを中心とした新戦力も

大きな期待を寄せられるプレーヤーも多い。

課題となる得点力不足を誰が解消するかには注目したいところだ。

スポンサードサーチ

Head-to-head

・昨季の対戦成績は1勝1分。

※なお、引き分けはホークアイの誤作動による影響あり。

・ヴィラは2014年のアンフィールドでの一戦を覗き、9月のリーグ戦で2分6敗。

・ブレーズは1973-74シーズン以来、開幕戦の連敗はない。

・昨シーズンを含め、リーグ戦4連敗中。これは2013シーズンにリーグ1で6連敗した以降ではワーストの記録。

INTERVIEW

クリス・ワイルダー

“The other night, with the introduction of the boys who made their debuts, they all added something.

They all gave me something to think about leading up to the Villa game.”

(以下、和訳)*誤訳可能性アリ。

「先日、デビューした彼らのおかげで、何かを加えることができました。 彼らは皆、ヴィラ戦について考える機会を与えました。」

新戦力のパフォーマンスが良かったということでしょう!

FORMATION

予想フォーメーションはこちら。

・ムセは欠場とのこと。

・カップ戦でゴールを決めたマクゴールドリックは先発に復帰するのではないかと予想。また。また、昨節ふるわなかったランストラムに代わってベルゲがスタメン出場なのではないだろうか。

MATCH PREVIEW

・BBCの予想は1-0。

・ジャック・グリーリッシュに加え、昨季ビーズで躍進したワトキンスも加わったヴィラをくじくのは簡単ではない。課題の得点力はもちろん、堅守はなお必須だ。

・ヴィラはエミリアーノ・マルティネスも加入したばかり。

スポンサードサーチ

KEY PLAYER  

オリヴァー・ノーウッド

ビルドアップの要である彼からのパスはチームの血であり、彼は心臓のようなもの。その精密なパス精度でチームのスイッチ役となり、ヴィラの守備陣を揺さぶって欲しいところだ。

PICK UP PLAYER

ジャック・オコネル

左サイドでの存在感は大きく、攻守に渡って貢献できるプレイヤー。彼のロングパスはノーウッド、イーガンに続く「3つ目のビルドアップ」として大きく機能する。しかし、ウルヴズ戦ではオーバーラップをした裏側のスペースを守ることに苦戦していた模様。今節は守備での貢献にも期待したいところだ。

あとがき

・今シーズンの詳しい展望はこちら

SEOタイトル

20-21プレミアリーグ vsウルウズ戦 Preview

コメント