これであなたもサポーター!ブレーズのチャント集♪

ブレーズジャパン

どうも、ブレーズジャパンの中の人です。

プレミアリーグのサポーターなら、ブレーズの観客の熱気がすごいことはご存じな方も多いかもしれません。ブレーズサポーターといえば応援、応援といえばブレーズサポーター…言い過ぎかもしれませんが、それほど熱量も高く、その声援は中継を通じても聞こえるほどです。

(ちなみに、2019シーズンにプレミアへ昇格したブレーズはようやくDAZNで中継されるようになりました…。リーグ1 (3部)はもとより、チャンピオンシップ(2部)と比較した場合、非常に画質と音声が良いので、チャント聞けて喜んでいます…。。笑)

そこで、今回はちゃんと聞こえるようになり、なおかつ記事のリクエストがあったブレーズのチャントについて特集していきます!

スポンサードサーチ

Greasy Chip Butty

LOUDEST GREASY CHIP BUTTY SONG – SUFC 1-0 PALACE

(歌詞)

You fill up my senses,
Like a gallon of Magnet,
Like a packet of Woodbines,
Like a good pinch of snuff,
Like a night out in Sheffield,
Like a greasy chip butty,
Like Sheffield United,
Come fill me again
Na na na na na…Ooooohh!

これ意訳するのが難しいのですが、超簡単にまとめると、

「シェフィールドって良い町だよね」的な感じです。(雑)

もう少し詳しく説明すると、

Magnet=Magnet Bitter(ジョン・スミス醸造所=ビールの名産)

Woodbines=たばこ

Snuff=嗅ぎタバコ

Chip butty=サンドウィッチといっていいかわからない代物…

を指しています。要は好きなものを出しながら、褒めちぎっているような感じです。

(これがチップバティです。パン×ポテト、なんてパンチでしょう……)

ちなみに、元ネタはこちら。

John Denver – Annie's Song (Audio)

We are Blades

(歌詞)

We are Blades,

We are Blades

Oh we are, we are Blades…

他チームでもよく聞くチャントですね。

おなじみのチャントです。

We’ve got billy sharp

we got billy sharp

(歌詞)

We’ve got Billy Sharp,Billy Sharp

We’ve got Billy Sharp

na na na na na na na

We’ve got Billy Sharp, Billy Sharp

We’ve got Billy Sharp na na na na na na na…

伝説のレジェンド、ビリー・シャープのチャントです。盛り上がらないわけのないチャント。キャプテン、10番、地元出身…叫ばないわけがないでしょう…。

Just like Sheffield, your city is red

“Just like Sheffield, your city is red” sing Sheffield United fans at Everton

主にスティール・シティ・ダービーで使われるチャントですが、今季はエヴァートン戦でもあったようです。マージーサイドの赤のチームを引き合いに出した皮肉ですね。笑

スポンサードサーチ

We’re on the march with wilders army

We're on the march with Wilders army Sheffield United

シェフィールド出身であり、クラブOBでもある監督、クリス・ワイルダーのチャントです。実績もさることながら、やはりサポーターからの信頼は厚いという言葉では言い表せないほどでしょう。

Allez Allez Allez

ALLEZ ALLEZ ALLEZ! JOHN EGAN CREATES NEW SHEFFIELD UNITED CHANT

(歌詞)

We are Sheff United

They call us the Blades

We got Billy Sharp

He’s a legend at the Lane

Basham and O’Connell

Overlapping downthe wings

Duffy, Fleck and Norwood

With his f*cking ping,

Allez, Allez, Allez, (x4)

Chris Wilder is our gaffe

He leads us all the way

Playing proper football

The Sheffield United way

Allez, Allez, Allez, (x4)

He stuck the paper on the wall

They called us journeymen

Now we’re going on a journey

To the f*cking prem

Allez Allez Allez (x4)…

こちらは比較的新しめのチャントでしょう。プレミアリーグではリヴァプール、その他にもバルセロナやナポリ等も使っている有名なチャントですね。

この動画はCBのジョン・イーガンが歌っています笑

Oh when the blades

Rochdale – Sheffield United 10.04.12 Oh when the Blades go marching in

イングランド全体で非常によく使われている「Oh when the…」シリーズのブレーズ版です。

We love united we do

Sheffield United Town Hall reception 2/5/17 United We Love You

プレミアリーグファンならわかる、「ユナイテッドが大好き」というチャントですね。赤い悪魔のそれと全く同じです。

He’s our striker he’s our number9

Oli Mcburnie Chant for Sheffield United

夏にクラブレコードでやってきたマクバーニーのチャント。その記録はベルゲに塗り替えられましたが、チームへの貢献度は高く、今ではスタメンの位置を確保しつつあります。飲酒運転で出場停止など、もうそんなことが起きませんように…。笑

Ole ole ole, moussett

Lys Moussett Chant For Sheffield United

今夏新加入、ムセのチャントです。日本人のサッカーファンでも1回聞けば歌えるようになると思います。メジャーですね。

Jack O’Connell’s magic

Oohhhhh Jack O'Connell's magic….

リズミカルなメロディでサポーターのテンションを一気にあげる「ジャック・オコンネルマジック」。個人的にも大好きなチャントの1つです。やめ時がわからなくなる印象がありますね。この動画はあまりにも長すぎますけど笑

Enda oh enda stevens

左サイドを司るスティーブンスのチャント。アイルランド2019最優秀選手にも選ばれた彼はサポーターからも人気が高かったです。

There’s a starman running down the wing

George Baldock Chant For Sheffield United

“Straman”のニックネームを持つ、右サイドの柱です。ブレーズではウイングのチャントがよく聞こえる印象が強いですね。あくまで主観ですが…。

HE’S NORWEGIAN!

"HE'S NORWEGIAN!" | Full time Scenes after Sheffield United win at Palace | Sander Berge Chant

最新ですね。今冬のビッグサプライズで加入したベルゲのチャント。サポーターからも熱烈な歓迎を受けていることがわかる動画ですね!

Shoreham Boys

Sheffield United fans singing (loud) at Charlton 2016 – SHOREHAM BOYS

まとめ

今回はメジャーなチャントをまとめてみました。

ブレーズサポーターは声が大きく、中継でも聞こえることは多々あります。特に、ホームゲームの声援は大きく、歌詞まで聞き取れることもしばしば。ぜひ、一緒に覚えてみてくださいね!

それでは!  We are Blades!!

*追加情報お待ちしております。

オンラインコミュニティはこちらから!

WE ARE BLADES
シェフィールド・ユナイテッド…通称ブレイズのオンラインコミュニティです。 #bladesjapan #シェフィールドユナイテッド #サッカー #プレミアリーグ

コメント