ベルゲの獲得から考察するブレーズの中盤予想

ニュース

「サンダー・ベルゲを獲得」

ブレーズファンだけでなく、世界中のサッカーファンが目を丸くした移籍だったに違いありません。当方も通知が鳴り止まないという緊急事態が発生しました…笑

すると、こんなリプライが届きました。

疑問に思っている人は多いのかな…と。

(中の人も気になっています)

そこで、今回はあくまで1人のブレーズファンの主観ですが、ベルゲ獲得から考察できる今後の中盤のポジション争いについて書いていきたいと思います。

アンカーとしての出場は難しい?

アンカーがメインポジションのベルゲですが、ブレーズでは「展開力」が求められます。

現在ディフェンシブミッドフィールダーのポジションを確立しているオリヴァー・ノーウッドはワンステップで逆サイドへ展開することのでき、またそのパスの精度はプレミアでも屈指だと思っています。

Norwoodのパスです。こういうことをふつーにします。天才。

また、ブレーズの戦術の特徴でもあるセンターバックのオーバーラップにより、ネガティブ・トランジション時には相手の速攻を遅らせる…具体的に言うと「引き倒してでも止める」プレーが求められます。そのため、現状では彼がノーウッドのポジションを奪うことは難しいかと考えています。

起用されるとしたらCMF?

前述のノーウッドだけでなく、左のセントラルミッドフィルダーを務めるフレックも監督であるクリス・ワイルダーから絶大な信頼を獲得しています。

可能性があるとすると、右セントラルミッドフィールダーのランドストラムのポジションでしょうか。今季は好調ですが、昨季まではベンチメンバーであり、まだ完全な信頼を得ているポジションとは言えないです。将来的にアンカーに戻る可能性はあれど、現状でベルゲが争うのはこのポジション、もしくはノーウッドの控えとしてでしょう。

ブレーズは後半途中でノーウッドを変えることも多く、交代要員としてアンカーとして起用される可能性も考えられます。ここ数試合、ビハインド時にみせる4-4-2(4-3-3)の可変ポジションでも起用が見込まれるでしょう。

最後に、ブレーズの中盤は荒いプレーも多いので、今後サスペンションや負傷による欠場も多くなるはずです。限られた時間でどこまでアピールできるかがベルゲにとってポイントになってきそうですね。

中盤の序列は?

ノーウッド、フレックが当確となると、残る枠は1つ、右セントラルミッドフィールダー。

現在の序列で言うならば、

ランドストラム

ベシッチ

ベルゲ

このようになるでしょうか。

特にボスニア代表であるベシッチはブレーズにようやく慣れた印象を持てます。プレー時間も増加傾向です。とはいえ、ワイルダー監督は戦術家だけではなく、モチベーターとしても優秀と言われており、若手に出場機会を与える監督でもあります。ベルゲにも必ずチャンスは巡ってくるはずです。

まとめ

・スタメンの起用は難しい?

・起用されるとしたらセントラル・ミッドフィールダーか交代要員に?

・出場機会は得られるはず

複雑な戦術であり、即起用ということもなかなかないワイルダーのブレーズではこのような考察をしています。

これだけ語っておいてノーウッド1列前とかになったら、すみません。その可能性もあるとは思います笑

あくまで1ファンの考察ですので、あしからず。参考になれば幸いです。

それでは今回はこの辺で!

We are Blades!!

コメント