29節アストン・ヴィラ戦でのゴールラインテクノロジー公式声明(日本語訳)

ニュース

問題のシーンはこちら。

「リーグ再開後の幻のゴール」

「我らのプレミアリーグ…」

「もうゴールを取り消されるのは勘弁してほしい…」

「マイケル・オリバー…」

そんな感じで再開したブレーズのプレミアリーグ。

まさかの出来事に公式もこんな5文字を。

問題の29節のゴールラインテクノロジーについて

ホークアイさんがTwitterで公式声明を発表しておりました。

本記事ではこの原文について

拙い和訳ですが掲載しておこうと思います。

スポンサードサーチ

ホークアイさんの公式声明

和訳

「ヴィラパークで行われたアストンヴィラ対シェフィールドユナイテッドの試合の前半に、ボールがアストンヴィラのゴールキーパー(No.25)ニーランに運ばれ、ライン上を超えたゴールラインの事故がありました。」

「マッチオフィシャルはGDSに従い、時計もイヤホンも受け取りませんでした。」

*GDS(Goal Decision System)の略

「ゴールエリア付近に配置された7台のカメラは、GK、DF、ゴールポストによって大幅に遮られていました。このレベルの閉鎖状態は、ホークアイのゴールラインテクノロジーが運用されている9,000以上の試合でこれまで見られませんでした。」


「このシステムは、試合の開始前に、IFABの試合規則に則ってテストされ、機能していることが証明されていました。ホークアイは、プレミアリーグ、シェフィールド・ユナイテッド、およびこの事件の影響を受けたすべての人に、心より謝罪します。」

*IFAB…International Football Association Board(国際サッカー評議会)

過ち訂正できるなら勝点も修正してほしいところです。。。5位浮上が見えていたのに…。。

結果が覆されることは難しそうですが、、、、、

(おまけ)

試合終了ツイートの公式の写真がこちらでした。

コメント