クリス・ワイルダーの声明(全訳)

ニュース

クリス・ワイルダーの声明です。

 

Embed from Getty Images

 

2016年5月、生涯をかけて応援してきたクラブを指揮するチャンスを得て、ブラモール・レーンに戻ってきたとき、その後の4年半を誰が予想できたでしょうか。それは、私が非常に誇りに思っている旅でもありました。

 

Embed from Getty Images

 

この機会を逃すことはできませんでしたし、早く始めたいと思っていました。シェフィールド・ユナイテッドでの私の経歴は、ファンとして、ボールボーイとして…そして、2つの時期に在籍した選手として、よく知られていますが、それまでの私の監督としての実績が認められ、実力で任命されました。

私は多くの人と話し、多くの意見を聞き、クラブとサポーターの絆を取り戻すと同時に、リーグ1の低迷から抜け出すことのできるチームを作ることに努めました。これらの目標はどちらも達成されました。

 

Embed from Getty Images

確かに、誰もが望んだスタートではありませんでしたが、ビリー・シャープがキャプテンを務め、テラスのファンの皆さんに支えられながら、ゆっくりと、しかし、確実に自分たちの仕事を進めていきました。浮き沈みを気にせず、謙虚さを保ちながら、プレミアリーグの高みへと導く勢いをつけ、クラブの歴史の中でも最高順位で終えることができました。

 

Embed from Getty Images

 

その過程では、多くの功績と記憶に残る瞬間がありました。ヒルズボロ、エランド・ロード、オールド・トラフォードでの重要な勝利、記録的な勝ち点100の獲得、オープントップバスでのパレード、タウンホールでのレセプション、ノーサンプトンやストークでの試合後にブラモール・レーンに戻ってきた我々を歓迎してくれた何千人ものファン…そして、もちろん、優勝パレードも忘れてはなりません。ブレーズサポーターならよく知っていると思いますが、それは大成功か大失敗のどちらかです。昨年、covidが発生したとき、私たちは好調だったし、どこまで行けたかはわからない。

 

Embed from Getty Images

挙げればきりがありませんが、ビリーと選手、アラン・ニールとスタッフ、そして私の妻フランチェスカをはじめとする家族全員が、大きな影響力を持っています。また、サポーターの皆さんの存在も忘れてはなりません。サポーターの皆さんは、ホームでもアウェーでもテラスで一緒に戦ってきた仲間ですから。

Embed from Getty Images

今シーズンで証明されたように、ファンのいないサッカーは(これまでのサッカーと)同じではありません。私は、これまで何度も言ってきていますが、クラブは他の誰よりも失敗してきました。ユナイテッドの人々には、負けを引き分けに、引き分けを勝ちに変える能力があります。私は、ファンがどれほど重要であるかを強調することはできませんし、物事がうまくいかなかった今シーズンでさえ、明確なサポートに謙虚になってきました。

Embed from Getty Images

さらに、シェフィールド・ユナイテッドを離れてから、ゲーム内で多くのサポートメッセージを受け取っており、それにも感謝しています。シェフィールドはサッカーの本拠地であり、このスポーツに支配されていて、他の方法では得られません。

Embed from Getty Images

満員のブラモール・レーンの雰囲気が恋しくなります。私にとっては、サッカー界で最も素晴らしい雰囲気の一つでしたが、私はすべてのブレーズサポーターの夢を実現しました。そして、その通りになったと信じています。

Embed from Getty Images

私は、このフットボールクラブに関わるすべての人とオーナーに、今後の成功を祈ります。このフットボールクラブは私の心の中で常に特別な位置を占めています。それは幼い頃から変わらないでしょう。

 

Embed from Getty Images

これまでのすべてに、ありがとうございます。

 

 

(一部誤訳の可能性もあります。ご了承ください)

コメント