#4 ジョン・フレック

選手

スポンサードサーチ

選手紹介

Embed from Getty Images

【英語名】John Fleck
【日本語名】ジョン・フレック
【ポジション】CMF(LM)
【年齢】30歳
【国籍】スコットランド
【身長/体重】170cm/72kg
【推定市場価格】450万ポンド(2021/9/24時点)

プレースタイル・特徴

Embed from Getty Images

170cmと小柄だが、これぞチャンピオンシップというぐらいに筋肉質な体型をしている。加速力とボディバランスを生かし、アウトサイドのターンから相手を置き去るプレーは彼のお家芸だ。プレースキッカーも務めることがあり、ミドルレンジからシュートも打てるが、パンチのあるボールになることがほとんど。
遅攻時にはその左足で左サイドの組み立ての中心となり、ショートカウンター時は爆発的なスピードで前線へ顔を出す。

2021-22シーズンの注目ポイント

スタメン争い

Embed from Getty Images

ワイルダー下では3センターの一角として絶大な信頼を得ていたフレックだが、ヨカノビッチ新体制になって2センターに変わっており、順応が求められている。
新戦力としてフーリハン、ゲディウラが加入しており、中盤のポジション争いは熾烈を極めている。ただ、ランストゥラムが抜けた現在のスカッドで、ハードワークとショートカウンター時の脅威は彼の右に出るものはいない。
2センターになり、守備と攻撃でさらにバランスが求められるようになるが、運動量を武器に再びポジションを勝ち取ってほしいところだ。

エピソード

ユース時代はレンジャーズの神童と呼ばれており、「スコットランドのウェイン・ルーニー」と異名がついたほど。ただ、フレックは「ウェイン・ルーニーと比較されると、それに見合うだけのことをしなければならない」と振り返っており、プレッシャーにもなっていたのだろう。

スポンサードサーチ

その他

ウェイン・ルーニーと比較されていることからも分かる通り、ユース時代のポジションはFWだった。ブレーズでのあだ名は「スコティッシュ・ヒーロー」で、絵文字は魔法使いが多い🧙‍♂️

コメント

サポータにも寵愛されている選手の1人であるフレック。センターハーフに比べて純粋なサイドアタッカーが不足しているため、今後はオプションとしてLMでのプレーが増える可能性もありそうだ。

コメント