19-20プレミアリーグ 29節Preview vs ASV

プレビュー

待ちに待ったプレミアリーグの再開!

ブレーズの快進撃が…やっと…

平日の2:00キックオフとか知りません!!!

さあ、仮眠前にプレビュー更新していきます。

スポンサードサーチ

Head-to-head

・昇格組同士の一戦。昨シーズンのヴィラ・パークのゲームは3-3。ビリー・シャープがハットトリックを達成したゲームです。

・ヴィラ・パークでの勝利は2014年が最後。プレミアリーグに絞ると、1966年以降勝利がない。

・ディーン・スミスはホームでのvsシェフィールド・ユナイテッド戦で7戦無敗。直近4試合は引き分けている。

・ブレーズはプレミアリーグ内で今シーズンの失点数が2番目に少ない。対してヴィラはリーグ最多の失点数。

・ブレーズは今季アウェイ13戦で敗れた相手はリヴァプールとマンチェスター・シティのみ。

INTERVIEW

クリス・ワイルダー

“I think we’ve done as much as we possibly could of done to give us the best chance of performing but we’ll only know come 6 o’clock on Wednesday”

“We voted against the substitutions, we think it favours the bigger clubs and bigger academies. I felt from our POV that 5 substitutions wasn’t the right way to go about it.”

(以下、和訳)*誤訳可能性アリ。

「私たちはできる限りの準備を尽くしたが、私たちが知っているのは水曜日の6:00に試合があるということだけだ。」

「私たちは5人交代制について反対した。それは、私たちよりもビッグクラブに有利になると判断したからだ。私たちにはそのルールは適切ではないように感じた。」

FORMATION

予想フォーメーションはこちら。

MATCH PREVIEW

・BBCの予想は1-1。

・telegraphなどがオコネルの負傷を報じた。また、フレックに関しても状態が怪しいとの報道があり、左サイドには懸念が生まれている。

・上記の情報を汲み取った上で、ともに左利きを代わりに配置すると推測。オコネルの代役にジャック・ロビンソン、フレックのポジションにはルーク・フリーマンの起用を予想しています。

・主体となるのは右サイドか。グリーリッシュやマッギンといった相手を、ランストゥラム・ボルドックがどう封じ込めるか。トランジションの早さが1点を分ける展開になりそう。

・前線はマクバーニーとシャープのコンビが濃厚か。シャープに関しては昨季ヴィラ戦で4ゴール挙げていることもあり、今節にも期待がかかるところ。

スポンサードサーチ

KEY PLAYER  

ジョン・イーガン

もちろん守備での活躍にも期待だが、その足下の技術にも注目したい。今節はおそらくノーウッドに厳重なマークがつくことが予想され、ロングパスを中心としたビルドアップの代役として機能するのは彼の役割になる。ストッパーと展開役という両面での活躍に期待したい。

PICK UP PLAYER

エンダ・スディーブンス

彼にとっては古巣対決となる一戦だが、無観客試合ということもあり、ブーイングの心配はないだろう。しかし、いつもコンビを組むオコネル、フレックが出場不可だった場合は、彼の活躍次第で左サイドが大きく揺らぐことは言うまでもない。確実性の高いトラップやパスで左翼の攻撃の担い手としての活躍に期待したい。

コメント