20-21プレミアリーグ 26節Preview vsLIV

プレビュー

ジョン・イーガンに続き、クリス・バシャムまで離脱。持ち前の3CBは一枚もいなくなるという絶望的な事態に陥れられたブレーズ。さらに、前節のフラム戦では終盤アレオラの危険なタックルにPKが与えられず、勝点を落とすという結末に至ってしまった。

最悪なムードが漂う中の相手は昨季の王者リヴァプール。ともにCBに難を抱えるチーム同士の戦いとなる。

スポンサードサーチ

Head-to-head

 

Embed from Getty Images

・プレミアリーグにおいてリヴァプール戦直近4試合は全敗。最後に勝利したのは1994年4月のアンフィールドでの一戦。

・25試合で20敗北は英国の1部リーグにおいてワースト。クリーンシートはわずか1。

・リヴァプールは4連敗中。5連敗となると、1953年9月以来の記録となる。

・両チームともに現時点で昨季のシーズン失点数を上回っている。

・ビリー・シャープは直近7戦5得点。

・モハメド・サラーはアウェイ直近6戦で7得点。

INTERVIEW

クリス・ワイルダー

Embed from Getty Images

“Whatever season, whatever division, a big end to the season is better than a not so big. “

“There’s always something to play for, an obligation to everybody. They’re professional footballers.”

“I can’t say it hasn’t affected myself, my staff, my players. We didn’t get involved in the game to play in front of empty stadiums.”

「どんなシーズンであろうと、どんなディビジョンであろうと、シーズンの終わりは大きい方がいい。」

「常に何かのためにプレーしなければならないし、誰に対しても義務がある。彼らはプロのサッカー選手だ」

「自分自身やスタッフ、選手に影響がないとは言えない。我々は誰もいないスタジアムの前でプレーするために試合をしているわけではない。」

FORMATION

予想フォーメーションはこちら。

・故障者情報

ジョージ・ボルドック(フィットネス次第)
ジャック・ロビンソン(欠場見込み)
リス・ムせ(欠場見込み)
ジャック・オコンネル(2月復帰見込みだったが、遅れている模様)
サンダー・ベルゲ(3月復帰見込み)
ジョン・イーガン(8週間ほど離脱見込み)
クリス・バシャム(数週間の離脱見込み)

MATCH PREVIEW

Embed from Getty Images

・BBCの予想は0-2。ブレーズの敗北予想。

・ジャギエルカ、キーン・ブライアンをプレミアリーグの舞台で使い続けるのは相当なリスクとなるはず。中央のジャギエルカのスピード不足を解決するためにも、最終ラインの重心は相当低くなる。特に素早いアタッカーがいるレッズ相手に対しては顕著になるだろう。

・エンダ・スティーブンスのCBコンバートも十分に考えられる。

・キーン・ブライアンは左足ビルドアップでの貢献度とロングボールの精度は上々か。ただ、守備力には難があると言わざるを得ない。今季穴となっている左サイドはスティーブンスと連携する必要がある。

・アンカーは昨節ランストゥラムを置くスタイルを試すも失敗し、すぐに戻していたのが印象深い。ノーウッドの奮起に期待したいが、この陣容で守備力に難のある彼のスタメン起用はバランス崩壊にもつながりかねない。

・前線は好調シャープとマクバーニーでポストプレーを期待する形になるか。マルチタスクをこなせるマクゴールドリック起用の可能性もあるだろう。

スポンサードサーチ

KEY PLAYER

アーロン・ラムズデール

Embed from Getty Images

クリーンシート1はさすがに辛いところだ。正直、彼のせいではないと言い切っても良い気がするものの、彼自身への風当たりが強い要因ともいえる。シュートレスポンスは良いが、ややハイボールの処理に難を見せることもある。
また、リトリートが予想される今節ではブラインドやディフレクションの可能性も上がることは容易に想定できる。昨節在籍していたボーンマスとは異なる環境下においても、真価を発揮して欲しいところだ。

PICK UP PLAYER

ビリー・シャープ

Embed from Getty Images

昨年のチームがプレミアリーグ復帰後初ゴール、今季の悪夢のような連敗を断ち切ったPK…以前として欠かせない存在の我らがスキッパー。
今節相手となるレッズのCBは負傷により、若手の起用が予想されており、ベテランらしい狡猾さを見せたいところ。彼の活躍が勝点を奪うためには必須だろう

あとがき
・ここまでくると、CBのゴードン見てみたい感じもする。ユースカテゴリーの超有望株です。

 

コメント